憎きメタボリックシンドロームにならないために!

子どもとメタボリックシンドローム

トップページ > 子どもとメタボリックシンドローム

大人だけがメタボリックシンドロームになるわけでは無い!

今までは、メタボリックシンドロームというのは、中年以上の大人がかかるものといわれており、子どもたちには関係が無いと思われるかもしれません。
これまでは、メタボリックシンドロームなど、かつては「成人病」と呼ばれていた病気は、大人しかかかりようが無いとされてきたからです。

ですが実は、子どもだって、メタボリックシンドロームにかかってしまうことがあるのです。
その理由は、偏っている食生活や、そしてアンバランスな生活リズム、さらには運動不足など・・・。
こうした要素は、現代の子どもたちに忍び寄ってくる、とても恐ろしい習慣なのです。

これは、これまで「成人病」といわれた病気が、子どもや大人関係なく、生活習慣によってかかるものだと分かったためで、それと同時に「生活習慣病」と名前を改めることとなったのです。

例えば6歳児の場合には、30年前に比べると、肥満となっている子どもの割合が、約5倍と、驚くべき数字で増えているというデータも存在しており、
その中でも、 特に男の子にその傾向がよく見られます。

最近の場合、皮下脂肪型の肥満というわけではなく、内臓脂肪型の肥満が増えてきていて、まさにメタボリックシンドロームにかかっている状態となっているのです。
また、メタボリックシンドロームにかかったということは、高脂血症・高血圧・高血糖などといった、生活習慣病を患わせることにもなってしまいます。

このように、 メタボリックシンドロームは、今日では大人だけのものだけでなく、子どもにも関係してくることを、覚えておくようにしましょう。

子どもが肥満→メタボリックシンドロームとなってしまう過程について

私たちは子どものころ、「早く食べなさい」「残さずに食べなさい」などと親から教えられているはずです。それはおそらく、誰にでもあることだと思います。

この 「残さずに食べなさい」という考え方。これは「もったいない」という意識もあるので、大変に素晴らしい考えではあります。
ですが、 こうした事が、内臓脂肪型肥満・そしてメタボリックシンドロームへとつながっていく危険性もあるということを理解する必要があります。

特に、最近テレビなどでもよくやっている 「早食い」行為は、内臓脂肪型肥満、そしてメタボリックシンドロームへと簡単につながってしまう食べ方です。
食べ物を急に食べると、体内の血糖値が急に上がるので、食べたもの吸収率が高まることで、その分脂肪が貯まりやすいという状況となってしまいます。

また、「残してはいけない」という意識が強すぎるのも問題です。
必要以上に食べ物を食べてしまうというのも、内臓脂肪が貯まりやすくなる行為の一つです。
「残さない」ことも良いのですが、それよりは最初から「食卓には少量の食べ物を並べる」ようにした方がいいかもしれません。

子どもの生活習慣も、メタボリックシンドロームを引き起こしかねません。

最近の子どもたちは、習いごと等が多かったり、実に忙しそうな毎日を送っているようにみえます。
実際、夜まで習いごとをしていたり、夜更かしをしてしまいがちな子どもたちが増えています。
また、大人の夜更かしが、そのまま子どもの夜更かしにつながってしまうことも・・。
こうした生活習慣に乱れが、メタボリックシンドロームとなる原因にもなっています。

他にも、家ではテレビゲームばかりしていたり、または運動不足になったり、そして様々なストレスを抱えていたりすることは、運動不足やストレスの増大を招いてしまい、内臓脂肪が貯まりやすい体質となり、メタボリックシンドロームとなってしまいかねないのです。

子どもたちにとって、肥満やメタボリックシンドロームは深刻

子どもたちにとっての肥満やメタボリックシンドロームは、大変深刻なものになります。

例えば、いじめの対象ともなりやすいし、または活動意欲を無くしてしまうなど、
大事な成長の時期を、メタボリックシンドロームとなってしまうことで、台無しにしかねない可能性があるのです。

注目サイト

大阪のネイルスクール

2017/9/28 更新

TOP